蘇れ!柔道最強説 [電子版のみ販売中]

柔道が求めるのは、
勝者か? 強者か?

明治14年、嘉納治五郎によって古流柔術をもとに創始された柔道。それは、自由に技を掛け合う乱取を採用した画期的な武道だった。しかし、昭和39年の東京オリンピックで競技に採用されて以来、まずルールありきのスポーツへと変質の一途を辿る。二度目の東京オリンピックを控えた今、様々な問題点を明らかにし、新しい柔道の方向性を示す!

本書は辛口の柔道批評が出発点となっている。ところが読み進めると、改めて柔道の「面白さ」に気付くだろう。(「はじめに」より)
格闘技K-1、あの一大ムーブメント仕掛け人の一人が柔道を語る!

「タックル可否」「組み手争い」などの問題点から、復興への道が見える!!

●著者:磯部晃人
(参考:紙書籍の頁数:228頁紙書籍を購入の場合はこちら

こちらの電子書籍は下記の各電子書店にてご購入いただけます。